クレジットカードの審査

HOME > クレジットカードを申し込む

クレジットカードを申し込む

クレジットカードを申し込むときは必ず審査がありますが、その際にはどのような点を見られているでしょうか。

属性審査とは、申込者の年齢、年収、家族構成、勤め先、持ち家の有無などの個々の内容を点数化して、数字で信用の度合いを出していきます。

同じ会社でずっと働いていて、月々の収入が常に一定額であれば、審査は有利になります。クレジットカードの審査では、収入が安定していることが大事なので、正社員なのか、パートタイマーなのか、会社は大会社かどうかなども重視されます。

経済状況も必ずチェックされるポイントです。他の金融会社からの借入金を信用情報を取り扱う機関に問い合わせて確認します。

過去の借入履歴や返済履歴を確認することができて、もしも返済が滞ったという記録が残っていればマイナスポイントとなり、不利になります。

直近のクレジットカードの申し込み記録も残っており、短期間で何社も申し込みをしていれば、審査が通りにくくなってしまう場合もります。

キャッシングの返済のために、他のキャッシングを使っているという可能性を考えられてしまうためです。審査では、どんな家に住んでいるかねもチェックされます。持ち家で暮らしている人のほうが、信用度が高いと判断されます。

同じ家にずっと住んでいる人のほうが、生活か安定していると思われるので、審査に通り安くなります。独身で両親と同居している場合も、一人暮らしと比べて居場所を特定しやすいので、審査時にはプラスのポイントとなります。

クレジットカードの審査は、安定した収入、返済能力、夜逃げの可能性を重点的に見られています。

PAGE TOP